2006年04月11日

親の姿勢【帰国子女育て日記】

タイトルはひどくご立派ですが・・・

そんな大したことは書かないので
期待はしないでネ(^_^;)


子どもさんへの英語教育を熱心にされる方の中には

「子どもには英語ができるようになってほしいっ!!」

って強い想いを抱いてらっしゃる方がいらっしゃいます。


それはもちろん私も同じ想いを抱えています
もう持ちきれないほど、ぱんぱんに抱えています。

だけど・・・

私は「子どもだけに」とは思わないんです。

私も英語を身につけて

子どもに「英語は生きてるんだ」ってことを
実感してほしいんですよね。


英語はコミュニケーションの手段であり
知っていると楽しくて便利な言葉であり
使えると人生豊かになりそうな魔法の道具である


って私は感じているんですよ。

だから

子どもだけに英語の勉強をさせておくわけには
いかなくて・・・

一緒に自然に英語を使うことができるように

私自身、子どもに隠れて単語を調べたり
言い回しを暗記したり・・・

できる範囲でがんばっています。

家で英語を使えれば
ぐっと身につくし、いざというときにも
慌てず構えず、普通に使えると思います。

ふつ〜(自然)に英語をしゃべれる日本人

そんな感じを目指してます

親子で・・・

人気blogランキングに参加しています<(_ _)>

ranQ宜しくお願いします<(_ _)>


帰国子女育て日記

posted by 帰国子女育て日記 at 00:00| 超個人的英語観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。