2006年05月10日

帰国子女の定義【帰国子女育て日記】

編入試験も入学試験も帰国子女枠を設けている学校もあります。

だから、帰国後はその中から学校を選べばいいと思われますが
これがなかなか大変なようです。

試験の内容は帰国子女向けに考慮されているようなので
難しくはないようです(一般と比べて・学科試験が無い分)
小論文や面接でしっかりと自分の意見を述べられるようにしておくと良いでしょう。


問題は「帰国子女として認められるかどうか」なのです。


一般に帰国子女の定義はこうなっています。

▽親の仕事事情で海外に2年以上住み続けた者△


だから厳密に言うと留学生は帰国子女にあたりません。

ただ、留学生でも海外の高校教育を修了して帰国した場合は
日本の大学入試を受験する権利はありますし
大学の場合は高校と違い、留学生でも考慮される場合もあるらしいです。
↑大学についてはまだしっかりとは調べておりませんので
この情報は不確かです<(_ _)>さらっと流してくださいね。

話を高校に戻します(^_^;)
高校編入の場合など、わりと多くの方が困ってしまうのが
この「2年」という期間の壁らしいです。

「2年」のラインをしっかり超えないといけないのです。


うちの場合はこうです。


2004年1月の新学期から2年間ニュージーランドで修学しました。
ニュージーランドの学校は1月-12月まで

だけど実際に日本を離れていた期間は

2004/1-2005/12 1年11ヶ月なんですっ

これ・・・だめなんですって( ̄□ ̄;)!!

だって・・・2年分の学業を修めたんですよ

だけど・・・2年の期間を超えて滞在しないとだめなんですっ


厳しいですねぇ〜〜

というか融通なさすぎ!!


この時点でうちの娘たちは高校の定義する
帰国子女枠受験該当者には当てはまらないことがわかりましたが

このトピックは興味深いので以降の記事でも
もう少し詳しく書いていきます。
調べたので〜 (^-^;


人気blogランキングに参加しています<(_ _)>

ranQ宜しくお願いします<(_ _)>

☆「長女の高校受験」関連ページ☆
帰国子女枠か推薦か
編入は厳しい



帰国子女育て日記






posted by 帰国子女育て日記 at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校受験記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました♪
高校受験なんてまだ未知の世界ですが、
勉強になりました。

我が家の娘達がどの国の高校に行く事になるのかまだわかりませんが、参考にしたいと思います☆
Posted by ひろこ at 2006年05月11日 13:28
ひろこさん、ありがとうございます。

高校受験。。。

我が家もなんだか「あっ!!」と言う間です。
親の私の方が実感がわかなくて
ばたばたと調べてみてはぼろぼろと新発見が!

また遊びに伺わせてくださいね〜
ひろこさんのブログはとても興味深いです
Posted by richie at 2006年05月11日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17644728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。