2006年05月20日

日本語は難しい【帰国子女育て日記】

日本語は難しい

末の娘は小4で海外に行ったのですが・・・

当時英語はまったくできなかったのです。

が、日本人を珍しがる現地校のクラスでたくさんの友人ができ
耳から英語を覚えていきました。
当然、我が家でいちばんの英語耳の持ち主。

文法も何もない、実践から入っていったせいか
スピーキングも我が家でいちばんです。
多分、英語に関して彼女は考えるより速く発話してますね。
そんな感じ・・・
レスポンスがすごく速いのです。

そんな末娘ですが、やっぱり日本語はヘタですね。

長女は逆に文法やリーディングは得意なのですが
話すのはあまり得意じゃないようで
末娘と比べると少し落ちます。

ですが、その分?日本語には困らないようです。

英語も日本語も両方!
というのは、なかなかに難しいですね。

そうそううちの娘の場合は
「英語」のせいで日本語が下手になったわけではなく

もともと末娘は赤ちゃん時代から発話も遅く、しゃべるのはうまくはなかったですね。
長女の場合は言葉の出るのが早く、口達者で日本語ぺらぺらでした。

しゃべりべたの末娘も英語だったら楽しく積極的に話すことができるので
なんだか「不思議」です。

人気blogランキングに参加しています<(_ _)>

ranQ宜しくお願いします<(_ _)>


帰国子女育て日記







posted by 帰国子女育て日記 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帰国子女的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。