2006年04月19日

親としてもっと心配したこと【帰国子女育て日記】

もちろん娘たちのメンタル面を
真剣に心配していましたが

実はもっともっと心配なことがあったんです!


ニュージーランドでは
モーニングティーの時間があります。

朝の10時半頃におやつをいただくんです。

これはなんでも法律で決まっているとのことで
たとえバスの運転手さんであっても
モーニングティータイムを取らなくちゃいけないんですって。


だから娘たちはこの2年間というもの
当たり前のように10時半には
おやつを食べていたんですよ〜〜

それもおやつは何でもいいんですよね。

だから朝食が軽めだったときなんかは
モーニングティーにサンドを持って行ったり
おにぎりを持って行ったり

とにかく
お昼前に軽食を取るのが習慣化していたんです。


もちろん
日本にはありませんよね。

学校に食べ物を持って行くこと自体
ご法度です。


娘たち・・・大丈夫かしらっ(--;)


そうですっ

このことが私のいちばんの心配事だったんですっ

お腹が空いて気分が悪くなったりしないか
空腹で授業に集中できなかったりして

それか

お腹が空くから学校やだ!

なんて言わないかしら?
と、すごくすごく心配でした。


娘たちも

「えぇ〜〜信じられない〜〜
 日本の学校っておやつ禁止なの〜〜」

(↑当たり前じゃ(~_~;))

と、怯えていました・・・

だけど、ダイエットのため?
夜の食事は低カロリーで少なめにし
朝は早起きするような生活にしたら
自然と朝食にボリュームのあるものを
ばくばく食べることができるので
お昼までお腹はもつようです。

あ〜 良かった(*^_^*)

母は本当に心底、安心しましたよ
(ちょっと朝食の支度が大変だけど・・・ね)

人気blogランキングに参加しています<(_ _)>

ranQ宜しくお願いします<(_ _)>


☆「困ったこと」関連ページ☆
日本のお勉強に四苦八苦
日本語の聞き取り
親として心配したこと

帰国子女育て日記




posted by 帰国子女育て日記 at 00:00| 帰国子女的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。